こち亀と特許が好きな人のブログ

こち亀に登場するアイデアと実際の特許出願案件とをなんとなく紐つけて紹介していきます。山田山田男さんから引き継ぎました。

30_魚ロボット(120巻)特許出願人:AIRO、MHIソリューションテクノロジーズ

こち亀のアイデア×特許出願の紹介>

30件目は、魚ロボットに関するものです。(2000年3月掲載、コミック第120巻7話「コイははかないものなのなのネンの巻」)

部長から預かった鯉を死なせてしまい、代わりに鯉型のロボットを作成するお話。魚型のロボットについては、韓国のAIRO社から特許出願(特開2018-75702)&製品がありました。*1

【課題】魚ロボットの遊泳方向に対する推進力を極大化し、水の抵抗を最小化することによって、遊泳速度及びエネルギー効率を向上できる急加速推進が可能な多関節魚ロボットを提供する。
【解決手段】第1胴体、第2胴体及び第3胴体に分節された本体部と、それぞれの胴体を連結する関節部と、前記第3胴体の端部に備えられる尾びれとを含み、前記関節部の駆動によって曲線を描きながら遊泳する魚ロボットにおいて、前記魚ロボットが遊泳する遊泳方向を基準にして、前記魚ロボットの全長に対する前記尾びれの長さの比である第1占有率が0.15以上、0.35以下であることを特徴とする急加速推進が可能な多関節魚ロボットを構成する。

胴体を3分割してロボットの全長に対する尾びれの長さの比を所定の範囲内にすることにより、急加速推進を可能にするという発明のようです。

f:id:kochikamepat:20180923211726p:plain
f:id:kochikamepat:20180923211746p:plain
特開2018-75702の図1(左), 図2(右)

以下はAIRO社のHPや魚ロボットが遊泳している動画について。本物の様な動きですね。

AIRO社HP:http://www.airo.kr/ja/

なお、AIRO社の魚ロボットはオーダーメイドも可能なようで、以下リンク先や動画はシーラカンス型のロボットです。

シーラカンスロボットフィッシュ(MIRO-23, SIRO)

<参考記事>

本物そっくりなロボット鯉が撮影される 「こち亀」の技術が実現か - ねとらぼ

Robotic-fish.net, the website dedicated to robotic fish

 

以上

山田山田男

*1:他、MHIソリューションテクノロジーズからも特許出願や鯉ロボットの試作事例がありました。

魚様ロボット | Patentfield

とってもラブリーな鯉ロボット - Engadget 日本版