こち亀と特許が好きな人のブログ

こち亀に登場するアイデアと実際の特許出願案件とをなんとなく紐つけて紹介していきます。山田山田男さんから引き継ぎました。

33_マイク&スピーカー内蔵ヘルメット(54巻)特許出願人:東芝コンシューママーケティング

こち亀のアイデア×特許出願の紹介>

33件目は、マイク&スピーカー内蔵ヘルメットに関するものです。(1987年3月掲載、コミック第54巻1話「恋はタンデムの巻」)

同僚の真平(まったいら)の身代わりとなり、本田が真平の彼女とツーリングに行くお話。お互いヘルメットを被ったまま会話ができるように、両さんが作成したマイク&スピーカ内蔵ヘルメットを用いて河口湖までツーリングするというもの。

骨伝導スピーカを内蔵させたヘルメットについては、例えば東芝コンシューママーケティングから2002年に特許出願されていました。(特開2004-173018)

【課題】ヘルメットを被って、例えばオートバイに乗っているような場合でも明瞭な会話や音楽などの明瞭な聴取を可能とするヘルメット用通信装置を提供する。
【解決手段】ヘルメット装着者の会話の音声を骨伝導マイク11aで骨伝導により受信し、第1の切り替えスイッチ15aを介して増幅器17aで増幅し、この増幅された音声信号を第2の切り替えスイッチ19aを介して送信器21aに供給し、送信器21aからアンテナ23aを介して無線信号として他のヘルメット装着者に向けて送信する。他のヘルメット装着者ではアンテナ27bを介して受信器25bで無線信号を受信し、第2の切り替えスイッチ19bを介して増幅器17bで増幅し、第1の切り替えスイッチ15bを介して骨伝導スピーカ13bから骨伝導により伝達する。

f:id:kochikamepat:20180930194512p:plain

特開2004-173018の図2

なお、骨伝導オーディオ搭載のスマートヘルメット”COROS OMNI*1が、2018/8より日本でも発売開始とのこと。上記東芝の特許出願は特許化されていませんが、もし広い範囲で特許化されていたら、COROS OMNIは当該特許の権利範囲内となっていたかもしれませんね。

 

 

以上

山田山田男